HOME > トップページ

ヘルペスの正しい知識を持ちましょう

サイトイメージ

■帯状疱疹について

多くの方が「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」という病気の名前を聞いたことがあると思います。帯状疱疹の原因となるのは、幼少期にかかる「水ぼうそう」のウイルスによるものです。


このウイルスはとても厄介で、水ぼうそうが治っても神経節に潜伏し続けています。免疫が低下したりすると、神経節に潜んでいるウイルスが活動することがあります。このウイルスはヘルペスと呼ばれ、神経を傷つけて痛みを引き起こし、その神経に沿って皮膚に帯状に水ぶくれができます。


帯状疱疹は罹患して早くから抗ウイルス薬を使用して治療を開始すると治る病気です。しかし、体力が落ちて免疫も低下していたり体力がない高齢者が重症になってしまった場合、帯状疱疹後神経痛が残ることもあります。これを回避するためには一も二もなく早期の治療開始が重要になります。

■単純ヘルペスについて

単純ヘルペスという病気の原因になるウイルスは、帯状疱疹のウイルスとは違う種類のウイルス原因になって起こる病気です。この病気は目立つ部分では目の角膜、唇などに起こります。それに限らず体のあちこちに症状は現れます。帯状疱疹と比較すると症状は一般的には軽くなります。しかし、体力が落ちたりすると何度も何度も繰り返すことがある厄介な病気です。


ヘルペスは特別ではなく、誰でも罹患する可能性がある病気です。診断が正確に行われなかったり、治療を始めるのが遅れたりすると後遺症が残ってしまう場合もあり、軽く考えてはいけない病気のひとつです。ヘルペスの正しい知識を身につけて予防しましょう。

#
# #

ECO自動車